こんな脇毛処理をしていると黒ずみ、くすみができる

脇毛処理女の悩みには様々なものがありますが、色素沈着もその一つです。メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすと、脇の黒ずみやくすみにつながってしまいます。具体的にどのような脇毛処理の方法が黒ずみやくすみの原因になるかというと、カミソリで剃ることやワックスやテープや毛抜きで抜くことがそれにあたります。剃るという行為は摩擦による刺激が肌ダメージとなり、抜くという行為は毛穴への負担が肌ダメージにつながります。肌はダメージを受けると角質のバリア機能が低下し、肌細胞の再生リズムが乱れたりターンオーバーが不活発になったりします。それが肌環境の悪化に直結し、メラニンの色素沈着が進むというメカニズムです。脇毛処理後に、カミソリ負けや赤みやヒリヒリ感や乾燥や毛穴の炎症などが生じている場合は要注意です。肌がダメージを受けている証拠ですので、きちんとした対策を行って肌をいたわる必要があります。積極的に行うべき対策としては、剃る場合はカミソリを使用せずに肌への負担が少ない電気シェーバーを使用する、抜いたり剃ったりした後は必ずローションやクリームなどで保湿ケアをして肌にたっぷりと潤いを与える、除毛クリームによる脇毛処理にシフトする、サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛の施術を受けるなどがあります。剃ったり抜いたりなどの脇毛処理を行った後は、必ず保湿ケアをすることが黒ずみやくすみ解消への近道となります。乾燥がメラニンの色素沈着の大敵になるからです。おすすめのスキンケアアイテムとしては、炎症を抑える働きがあるグリチルリチン酸などの成分が配合されている薬用タイプのローション、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されているもの、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合されているもの、角質を柔らかくする働きがある尿素が高濃度で配合されているクリームなどがあります。肌をいたわりながら脇毛処理をして、黒ずみやくすみの悩みを解消させましょう。
【関連URL】病院やクリニックでしかできないレーザー